自宅の給湯器を交換|東京で安心の業者を選ぶ

通勤の助けに

男の人

危険回避の手段

車を使って通勤をしている人も沢山います。冬場寒くなる地域では職場から帰る際にフロントガラスをはじめ、あちこちが凍り付いて視界を確保できない状態になっていることが少なくありません。そのまま出発することはできず、5分間ほど暖房によって氷を解かす必要が出るため、その場に足止めされてしまいます。しかし、人それぞれ事情を抱えているため、危険を承知で見切り発車してしまう場合もあります。これが原因で事故につながる危険性があるのです。会社とできることとしては、少しでも働きやすい環境を確保するために、駐車場に給湯器を設置するという方法があります。駐車場の入り口に設置して置き、ペットボトルなどのお湯を運ぶ道具を設置しておくことで、気軽に氷を解かすことができるのです。そして、スムーズな帰宅をすることが可能となります。給湯器を設置する際には、時間当たりの給湯能力を考える必要があります。しかし、こうした車の氷を解かす程度の物であれば、よほどの豪雪地帯でなければ、家庭用の給湯器レベルのものを準備すれば十分です。そのため、本体を購入するための数万円程度に加えて、水やガスを引くための費用、凍結防止の保護を行っておく程度の投資で済みます。これらの工事を行うにあたっては、機種購入と同時に、付帯工事も含めて依頼することで、費用を抑えることが可能です。また、水道を準備することで、夏場は給湯器の横に冷水器を併設するなどのオプションを用意することができ、社員への厚生施設としてのアピールもできます。