自宅の給湯器を交換|東京で安心の業者を選ぶ

給湯能力の高さで選ぶなら

作業員

ガス式の特徴

ガス給湯器は、文字どおりガスを使ってお湯を沸かす給湯器で、ガス燃焼によって水を温めるため、何よりその給湯能力の高さが大きな特徴となります。お湯の量に関係なく、必要な分の量のお湯が用意でき、瞬間式なら即座に温かいお湯を使うことができます。この瞬間式のガス給湯器は、金属のパイプに水を通し、熱することでお湯にするというもので、ガスの強い火力があってはじめて成り立つものです。いっぽう、貯湯式のガス給湯器は、タンクに水を貯めて温めることでお湯にする仕組みのものを指します。ちなみにどちらの方式のガス給湯器も、値段が安く、またコンパクトなため、設置スペースを節約できるというメリットがあり、マンションや住宅密集地の狭い場所にも置くことができますが、室内に設置する場合は給排気設備が必要となるため、注意が必要です。給湯器の設置で気になるのは、初期費用と月々の光熱費となりますが、初期費用を安く抑えることができるというのもガス給湯器の大きな魅力です。機種代金と工事費を合わせても、10万〜30万程度で済みます。いっぽうで光熱費については、電気給湯器と比べるとどうしても割高になる場合があります。そのため、ガス給湯器を使う場合は、家族が多く、たくさんのお湯を使う必要がある家庭のほうが結果として経済的だと言えます。また、ガス給湯器の寿命は10年程度と言われているので、電気給湯器よりも買い換えサイクルが早いということを知っておきましょう。