自宅の給湯器を交換|東京で安心の業者を選ぶ

多くの家庭にあります

給湯器

家庭にお湯を供給する役割の給湯器は、多くの家庭が所有しています。台所での食器洗いやお風呂へ利用されていますが、突然故障してしまった場合には生活への支障が非常に大きいです。なので故障した場合には、早急な修理か買い替えが必要になります。その時修理にするのか買い替えにするのかの判断ポイントとしては、購入から10年経過した製品は部品の製造が終了している場合が多い為、購入から10年近く経過しているならば、買い替えをしたほうが良いです。では買い替えする場合にどのような製品選びをしたら良いかというと、それにはいくつかのポイントがあります。一つ目は、設置場所です。給湯器には一戸建ての場合、外壁に取り付けられているものと地面・ブロックの上に設置されているものがあります。これらの内どちらを選んだら良いのかは素人では判断することが出来ないので、専門の業者に判断してもらうと良いです。次のポイントは、給湯器の能力です。能力とは1分間に給湯することの出来る湯量です。これは同居している家族の人数から判断するのが良いです。1人から2人で住んでいる場合には16号が適しています。2人から3人で住んでいる場合は20号、4人から5人の家庭の場合は24号が最適です。しかし、シャワーやお風呂でお湯を沢山使う習慣のある家庭の場合はこの容量ではお湯が足らなくなってしまう場合があるので、ワンサイズ大きいタイプの給湯器を選定すると良いでしょう。