自宅の給湯器を交換|東京で安心の業者を選ぶ

多くの家庭にあります

給湯器が故障した場合には修理か買い替えになりますが、購入から10年経過した給湯器は修理出来ない場合があるので、買い替えが良いでしょう。買い替える場合には設置場所や給湯能力といったポイントを考えて機種を選定するようにしましょう。

給湯能力の高さで選ぶなら

作業員

ガス給湯器は火力が強く、給湯能力に優れているという特徴のほかに、設置スペースがかからない、初期費用が安上がりになるというメリットがあります。いっぽうで月々の光熱費はどうしても割高になるため、大家族向けだと言えます。

通勤の助けに

男の人

社内の厚生設備の充実の一つとして、駐車場に給湯器を設置するという方法があります。冬場の車通勤者が多い寒冷地では、帰宅を急ぐ人の安全確保のための道具として、費用対効果の大きな事業の一つとして期待ができます。

お湯を使うための器機設置

レディ

見積もりから設置完了まで

生活に欠かせない給湯器は消耗品の一つであり、耐用年数は平均で15年前後とも言われています。しかし、使用頻度や環境によっては10年もかからずに交換を余儀なくされる場合もあります。東京でも耐用年数に違いはなく、どこの家庭でも必ず交換する時がくるのも当たり前なのです。この給湯器の交換には、ほとんどの方が専門の業者に依頼して設置することになるでしょう。一連の流れとしては、まず業者に見積もりの依頼をすることになります。見積もり依頼は、東京でもほとんどの業者は無料で行ってくれますし、この時点で今使っている給湯器の設置状況や新しい給湯器の希望などを伝えることになるでしょう。次に正式な見積もりを出すために、東京でも自宅に訪問して現場の確認をすることが前提となります。このときに正式な見積もり金額が提示され、納得できた時点で給湯器の工事依頼をすることになるのが一般的です。この依頼時には、工事の希望する日程と時間帯、支払い方法、支払日なども決まります。工事当日には、担当の方と施工スタッフが自宅に伺い、丁寧な説明のあと、設置業務が開始となるのです。既存の給湯器はもちろん、キッチンや浴室に備え付けているリモコンもすべて取り外します。そして、新しく購入した給湯器とリモコンを設置し、既存の水道管や給湯管、ガス管の接続を技術に精通したスタッフによって接続されるのです。そして、凍結防止のために保温材を配管に巻き付ける作業を行って完了になります。最後に安全に動作をするための確認作業を、給湯器本体やガス管、水道管、リモコンなど徹底的に不具合がないか確認して作業が完了です。この給湯器の交換作業には、東京でも業者によって違いがありますが、平均で2〜3時間程度の作業で終わるでしょう。